高速バスは当日でも予約取れる?

高速バスで移動中に便意を催してしまったら...考えるだけでも恐怖です。

夜間の移動なら寝るのでそれほど気にならないという人もいるかもしれませんが、余裕で数時間は乗っている乗り物ですから何度か行きたい気持ちになる場合もあるでしょう。

大抵2時間おきくらいに休憩が入るのでこまめに解消することは可能なのですが、体調不良のために腹痛や車酔いになるなどすぐに必要になってくる場合もないとは言い切れません。

しかしそんな不安もトイレ付き車両ならば解消されます。

いざというときのことを考えたらその方が安心ですよね。

突然長時間の移動をしなくてはならないような状況になった場合乗りたい当日でも高速バスを利用することはできるのでしょうか?確かめてみますと空席があればその日に予約をして乗ることができるところもあるようです。

特に夜行バスならそういうものは割とあるようなので情報がまとめてあるサイトなどを活用して探してみると良いと思います。

運行本数の多いものならもしかしたら乗り込めるかもしれません。

しかしそうは言っても予約せずに乗り場へ行っても乗せてはもらえませんのでその点注意しておきましょう。

楽しい旅行を年に数回したいがために仕事や家事をこなしている方もたくさんいらっしゃると思います。

そうすると時間もお金も無駄に浪費するわけにはいきません。

もっとお得に観光するためのひとつの案として交通手段を長距離バスにしてみるというのはいかがでしょうか。

料金面でのメリットが一番大きいところですが他にもメリットはあります。

昼間なら最近流行りのSAで移動中も楽しめるでしょうし、夜行で行くなら移動しながら睡眠もとれて次の日の早朝には目的地で動き回ることも可能なのです。

思い切り時間を使ってめいっぱい楽しみましょう。

東京大阪間は高速バスがよく走っている区間の一つと言えるでしょう。

移動時間は長いですが5000円から8000円くらいの格安料金がほとんどです。

例えばこれを他の手段で移動するとなると新幹線では時間は3時間で費用は大体15000円くらいになります。

また飛行機では乗っている時間自体は1時間と少しですが気になるのは一万円以上かかる費用と空港までの移動です。

このように比べていくと費用面でバスにメリットがありそうです。

もちろんだからと言って安ければ良いというわけでもないでしょうし旅行やビジネスなど利用目的によって選べると良いですね。

旅行での移動は乗り物酔いしやすい人にとって気が重い部分でもあります。

せっかくの旅行も不安なことがあったら思い切り楽しめないかもしれません。

特にほかの乗客もたくさん乗っている長距離バスでの移動は気分が悪いからといって気軽に降りたり停まったりすることはできません。

車酔いしないためのコツをご紹介してみようと思います。

まず乗る前の準備として脂っこくない食事を適量食べ、薬を飲んで不安感を減らしましょう。

服装はしめつけないゆるっとしたものが良いです。

炭酸水は胃がすっきりするのでおすすめです。

乗っている間は遠くの景色を眺めると良いですよ。

普通でも料金の安さがウリの高速バスですがそれにさらに加えて往復料金などもあるのでしょうか。

チェックしてみると行きも帰りも区間が同じという場合は割引対象となることもあるようです。

その場合行きのバスに乗る前に予め両方の乗車券を買っておくことが必須なのだそう。

とはいえそういった割引がない路線もあるらしいので割引があるかどうかは事前に確認しておくと良いでしょう。

そうは言ってももとから格安料金ではあるので割引がなくてもがっかりすることはありませんよ。

数ある交通手段の中で高速バスというのはその安さが最大のメリットと考えられます。

それではデメリットは一体何なのでしょうか。

様々な情報から安全性についての不安を感じる人も少なくないでしょう。

運転手の技術や体調などに頼るところが多い乗り物ですしバス会社を選ぶ際には安全面にどれだけ気を配っているかを最優先にする方が良いでしょう。

それから到着時刻が前後することはよくあるので到着日の予定は余裕をもって組む必要があります。

他には数時間に及び同じような体勢が続くのでむくみ対策など対処法を考えていくと良いと思います。

高速バスのランキングサイトなどでよく名前を見る会社についての評判やクチコミを比べてみましょう。

まず夜行バスに強いとされるVIPライナーに関して車内設備の充実度や独自サービスなどが人気の秘密のようです。

引用:VIPライナーの高速バスは本当に安い?口コミ研究!【最安で予約?】

それから格安をウリにしているサンシャインツアーはそれ以外にパックツアーがいろいろ選べる点も評価されているそう。

またド派手なバスでも有名なWILLEREXPRESSについてはバスの種類も多くサービスも細やかな点が人気のようです。

少し調べただけでも数多くの会社が見つかりますが予算だけでなく安全管理について真剣に取り組んでいるところが良いでしょう。

長距離移動の課題として挙げられる時間の有効活用法は高速バスの利用者にとって頭を悩ませるところでしょう。

じたばたせず寝れば良いという潔い人もおられるでしょうがどうせなら仕事や趣味に利用したいと考える人もいることでしょう。

それぞれのホームページをチェックすると選択条件に無線LAN搭載車があるところもありました。

仕事やゲームで移動中でもネットを使いたい場合も少なくないでしょうし、長距離移動の時間を活用したい人にはもってこいのサービスと言えます。

当然ながらゲームをしたりする場合は周りの人に配慮して光や音ができるだけ漏れないようにしましょう。

実は初めて高速バスを利用してみる!という人のために予約方法についてご紹介したいと思います。

一番手軽にできるのはネットからでしょうか。

空席確認だけでなく座りたい席を選ぶこともでき車両の説明も載っていたりするので確認しながら選ぶことができます。

また電話からという手段もあります。

ネットより煩わしくないという人もいるかもしれませんね。

一部では窓口に行けば直接購入できたり便利なところではコンビニ端末でも購入可能だったりするとか。

いろいろ選べるのはありがたいですよね。

長距離移動の最安値としておなじみの乗り物というとバスを挙げる人も少なくないでしょう。

調べてみますと東京大阪間の移動に2000円しかかからないなど驚きの低価格が実現されているところもあります。

またこれは特に夜行の場合ですが移動時間を睡眠に充てるとするとちょうど良いことが多くむしろ時間が有効に使えて良いと考える人もわりかしいるそうな。

新幹線など他の移動手段と比較すると時間はかかってしまいますがその分格安の料金設定になっていると言えます。

時と場合を考えて上手に利用したいですね。

高速バスで移動することで我々にはどんなメリットが生まれるのでしょうか。

まず第一に挙げられるのは他と比べても明らかな安さ。

もちろん安全面も考えますと安ければ良いとも言い難いところがありますのでその点はきちんと調べておく必要はありますが、移動のおいて安さを一番重要と考えている人にとって魅力的な点だと思います。

また時間を有効活用することができるという点もあります。

夜行を使うことで寝ている間に移動が完了するので翌日の予定も無駄なくこなすことができます。

この点は仕事でもプライベートでも助かりますね。

はじめての高速バスでの移動をできるだけ楽しみたい人は長時間移動による乾燥やむくみなどの対処法を覚えていくと良いでしょう。

少し荷物になりますが飴やマスク、エアクッションやマッサージグッズがあると快適です。

またバスに乗る場所も降りる場所も確認が必要です。

大抵は普通のバスが出入りしているような場所ではないので地図は必ず忘れないように持ち時間に余裕をもって行動するようにしましょう。

夜行なら移動中寝ることになるのでリラックスした服装にし身支度に必要なものは取り出しやすいようにしておきます。

また貴重品はすぐ手の届くところに置いておくことをおすすめします。

今の時代移動中に気がかりなこととして挙げられるのがスマホやゲーム機のバッテリー。

隙間時間だけいじっていたつもりでもあっという間に残りがピンチ!なんて焦った経験はほとんどの人がお持ちでしょう。

乗っている間に充電できる乗り物と言えば新幹線も挙げられますが実は高速バスにもコンセント付きの車両というのがあるんです。

情報サイトによってはその特集も組まれるほど利用者側にとっても嬉しいサービスのひとつとなっています。

またそれぞれの座席に設置されているというのも便利ですよね。

ほかの交通手段と比べての長距離のバスは時間がかかります。

それが疲れる要因のひとつとも考えられますがいくつか対策を挙げてみます。

モニターが付いた車両は何もすることがなくてつらいという人向けです。

本や漫画だと酔いやすいという人も座席の前にあるモニターでの映画やゲームなら楽しみやすいかもしれません。

それから同じ体勢を続けるのがつらい場合は腰や首に余った毛布などをあてたり、もしくはフルフラットに近いくらい座席を倒すことができる車両を利用したりするのが良いでしょう。

ちょっとしたおやつや音楽プレイヤーなどでも楽しめます。