消費用や手数料が安いフラット35のおすすめとは?

一般的にローンを組む場合、変動型の方が金利が低いことが多く変動型で借りた方がすごくお得に見えます。

金利変動で逆に支払額が高くなる可能性もあります。

そんなリスクの心配をしたくないという人も中にはいると思います。

そういった可能性を排除したい方は、フラット35などのローンを契約することをお勧めします。

固定型と書いているように、返済期間中は毎月の支払額が変わらないようになります。

マイナス面としては、金利固定なので低くなったとしても支払い料金が低くなることもないことです。

人生で最も大きな買い物と言われる住宅ですが一括で家を買うという人はまずいないと思います。

住宅ローンで資金調達するのがほとんどだと思います。

その際、変動金利にするのか、固定にするのかが悩みの種です。

返済計画の立てやすさを重視する方なら固定型のフラット35がおすすめです。

2008年頃と比べると金利も低く推移してきているので長期間のローンを組むのにベストなタイミングといえます。

金利だけを見ると、変動型の方が1%近く低い数値になっていますが場合によっては毎月の返済額が高くなることもあります。

そのため当初立てていた返済計画が崩れることもあります。

住宅は人生で1番高額な買い物とも言われています。

その際利用する住宅ローンですがネットで情報を調べるとフラット35とフラット35sという2種類があります。

フラット35では借り入れ時の保証金や、繰越返済時の手数料は必要ないことはご存知でしょうか。

いったいこの2種類では何が異なるのでしょうか。

フラット35sは5年間、または10年間の金利優遇が適用されます。

購入する住宅が要件を満たしていると自動的に適用されるものです。

その条件の例としては、省エネルギー性や耐震性、バリアフリー性、耐久性などが入ります。

条件を達成していると特別金利のフラット35sが適用されます。

たとえば楽天銀行フラット35はフラット35最低金利で手数料も安いのが特徴です。

また、この制度は新築・中古かは関係なく利用できるのでぜひ活用してください。

長期間の高額なローンといえば住宅ローンなどがありますが。

なかなか周りの人に相談しても詳しい人が少なく、どう選んだら良いかわからないという人も多いはずです。

専門家に相談するのが一番だと思ってもどこに相談にいけばいいのかわからないという場合もあります。

全期間固定金利が強みのフラット35について聞きたい場合は各銀行機関窓口へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が開いている相談会に行くのがオススメです。

この相談会に行く場合は予約がいるのでHPで会場などの情報を確認しましょう。

住宅を購入するときに資金調達で利用する住宅ローンですが多くの住宅ローンでは、購入する物件が決まってから事前審査を始めます。

その際、ローンが組めないこともあります。

そういったことが起こらないように先にいくらまで借りられるのか知りたいところです。

例えば全期間金利が変わらないフラット35の取扱件数1位のアルヒが行っている「ARUHIの家検索」というサービスでは物件を決定する前に事前にクイック事前審査で借入可能額が確認できます。

またARUHIのフラット35は諸費用が安くお得なことでも知られています。

消費用や手数料が安いフラット35のおすすめがどこかとたまに聞かれることがあります。

楽天銀行フラット35や住信SBIフラット35なども諸費用や手数料が安いですけど、やはり楽天銀行やARUHIも捨てがたいものがありますね。

消費用が安ければ、トータルで支払う総返済額も安くなる為、見逃せないポイントとなっております。

参考:フラット35で諸費用が安い銀行は?手数料いくら?【おすすめどこ?】

他の銀行機関のHPにも借入シミュレーションはあるので物件の購入を検討する際には必ず確認するようにしましょう。

予算が分かっていれば選択肢も絞られてくるので探しやすくなるのではないでしょうか。

全期間固定金利ということでローンの利用を考える人の多い住宅ローンの一種、フラット35ですがどういったローンなのか広告などを見てもいまいちわかりません。

メリットとしては全期間金利が固定されているので返済計画を立てやすいことや保証料が発生しないこと、物件の住宅性能を重視した審査が行われること、繰上げ返済手数料が0円なことが挙げられます。

デメリットとしては原則、物件価格の9割までの融資になることや金利変動で低くなっても毎月の支払う金額は変わらないこと、銀行独自のローンではある諸費用ローンはないことが挙げられます。

フラット35の場合は、団体信用生命保険は任意なんです。

他にも様々なメリット・デメリットがあるので利用する際は確認してからにしましょう。

テレビCMでよく聞くフラット35ですが、中古住宅を買う時も利用できるの?という質問を聞きます。

結論から言えば要件達成で利用できます。

その条件の内容としては、床面積の広さや購入価格が税込で1億円以下の住宅かといった要件です。

中古ならではの条件もあります。

例えば、申込日の時点で竣工日から2年以上経っている、すでに人が住んでいたことがあるかという条件です。

もし新築で購入した物件に対してのローン借り換えを行う場合は中古物件扱いになるのでこれらの条件を満たしている必要があります。

そのためローンの借り換えを行う時も条件に気をつけてください。

全期間固定金利で選選択肢に入れる人の多いフラット35ですが、金利以外にも申し込み前に確認しなければいけない内容があります。

それは事務取扱手数料や登記などでかかる諸費用です。消費用や手数料が安いフラット35はやはり全然総支払額が違うのです。

他にも、銀行次第で繰り上げ返済時に手数料がかかるローンがあります。

事務手数料は借り入れ金額の2%くらいが一般的なようです。

また、金利条件の見直しを兼ねて借り換えを行う際には、新たにローンを組む形になるので再度、事務手数料などの費用が発生します。

金利を下げて減る総支払額と借り換えにかかる諸費用をかかる費用を比べて借り換えを行わない決断をする人もいます。

住宅ローン制度についてネットで調べているとフラット35と銀行の住宅ローンは何が違うの?という疑問を感じている人がいるようです。

フラット35とは住宅ローンの中の1種のことです。

民間の金融機関では、全期間固定金利での高額融資は資金調達が難しいとされています。

融資に対するリスクを住宅金融支援機構が取っています。

フラット35では借り入れ時の保証金や、繰越返済時の手数料は必要ないことはご存知でしょうか。

そのリスクを住宅金融支援機構が取っているんです。

金利が固定されているので支払額が一定で返済計画が立てやすいことが挙げられます。

デメリットとしては、原則として物件価格の9割までの融資になることや審査は銀行と住宅金融支援機構の両方が行うことなどです。

なかなか使う機会のない住宅ローンですがあまり利用しないからこそ契約の流れもわからないということも多いはずです。

フラット35を例にして契約の流れを説明します。

新築で立てる場合では、はじめに借り入れの申し込み、設計審査をして物件が基準を満たしているか審査してもらいます。

審査結果は1週間から2週間くらいで通知されます。

結果がわかったら着工し始め、工事途中や竣工後に現場審査の申請を行う必要があります。

審査に合格していないと契約が進まず、資金の受け取りなどの手続きが行えます。