多くの人がおすすめするリフォームローンを探すには 多くのユーザーが集まっているランキングサイトを利用すると良いでしょう。

けれども、住宅事情は人それぞれ違いますから一概にネットの口コミ情報だけに頼ってしまうのはよくありません。

まず先に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な費用を算出し諸条件にあったリフォームローンを選びましょう。

費用が高額になるようであれば有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額の場合なら小回りが利く無担保型ローンが良いと思います。

また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンを利用することで、金利を抑えることが可能です。

リフォームローン金利比較を効率的に行う時は比較サイトを利用すると効率が良いです。

いくつもの金融機関の情報が掲載されている比較サイトであれば借入れ条件が一目見てわかります。

比較検討したい金利や借入限度額など条件にごとに並び替えができますよ。

比較サイトによっては金融機関へのリンクが貼ってありますので検索する必要がありません。

最近ではネットのみで開設可能な銀行も普及してきましたので来店不要で自宅で申し込めるローンが増えています。

残念なことにリフォームローンに落ちた人はその理由や原因をしっかりと分析する必要があります。

まず、考えられる要因は借入希望金額が高すぎたのかもしれません。

あるいは、勤続年数が短すぎるとか会社の経営が思わしくないなどといった不適切と判断されてしまう問題があったのかもしれません。

例えばマイカーローンの返済中であったりリボ払い、キャッシング額が膨れ上がっているなどカードローンの利用状況というのは、融資の可否について大きな要因となります。

これらを整理することが審査に受かる第一歩となります。

金利が低いリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶことです。

リフォームローンには担保形と無担保型があり借入期間や額、金利相場等に相違点があります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年で借入れ可能な上、限金額は500から1000万円ですが、担保型は期間は最長35年で上限金額は1000万円から1億円になり長期的なローンを組むことが可能となります。

金利は長期借入の方が低金利になるので無担保型の約2から5%に対して担保型は約1から2%と低金利になります。

そのほか、貸付金利タイプでも差があって変動金利と固定金利とでは変動金利の方が低金利となります。

リフォームローンで受けることができる控除には所得税ですね。

申告をするとその年の所得税から限度額はありますが、工事費の10%が還付されるというものです。

対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件が指定されていて定められています。

省エネや耐震、三世代同居といった場合は25万円、バリアフリーにするための工事は20万円と決まっています。

控除の共用の要件として自分が所有して住むことや所得が3000万円以下である必要があります。

新生銀行グループのアプラスのリフォームローンはTポイントが貯まります。

申込条件には、20歳以上かつ65歳未満の安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)というライトなローンなのが特徴的です。

次に金利についてなのですが、アプラスの金利は短期融資のため7.20%から14.40%とやや高めの設定になっています。

オンラインで申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

シミュレーションも詳細な条件を設定できますので、アプラスのリフォームローンに興味のある方は一度、HPをご覧になってみることをおすすめします。

ARUHI(アルヒ)のリフォームローンは 申込資格が満20歳以上から65歳未満(完済時年齢80歳未満)の個人と規定されています。

融資金額は50万円以上1 000万円以内とリフォームローンとしては高額で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。

そのため契約するためには、連帯保証人が必要になります。

また、融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、任意で団信保険付プランを付けることも可能です。

ARUHI(アルヒ)の利率の適用基準は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利)を、3か月後の口座振替から適用となります。

諸費用・リフォームローン及びフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、プランによって金利と事務手数料が異なります。

比較的借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保不要のリフォームローンです。

保証人を確保しなくても借りられるので他のローンと比較して割と手軽に利用出来るローンとなっています。

反面、金利が高い、借入期間が短い、限度額が低いなど担保型に比べて不利な点が多くあります。

そのため無担型ローンをおすすめするケースは規模が小さいリフォームになります。

持ち家で、少額のリフォームということになれば割と余裕がある人のリフォームと判断されることが多く審査に通りやすいと言われています。

リフォームローンの一体型について紹介します。

要は、住宅ローンとセットなっているローンのことです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンを視野に入れると良いでしょう。

リフォームローンはじぶん銀行の住宅ローンよりも金利が高いので一元化することでリフォームに関しても低金利が適用されますただ、気を付けなければいけないのが、ローンの事前審査でリフォームの見積書が必要と言われたり、申込の際には工事請負契約書が必要になることがあります。

それ故、物件探しとあわせてリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。

リフォームローンを組むことになった場合。

いくら借りられるかというのは、工事をする上で最重要項目ですね。

しかし、リフォームローンというものは住宅ローンと比べて借入限度額はじぶん銀行の住宅ローンのおよそ1/10程度しかないのです。

借入れできる最大金額は500万円から1000万円という商品が多いです。

しかし、リフォームローンの金利は2%から5%という高金利で、返済期間は最長でも10年から15年ですので、借入金額が多いと返済額が莫大に膨れ上がってしまいます。

無理のない返済額を事前にシミュレーションすることがリフォームローンを組むうえで重要なのです。

リフォームローンの頭金を用意するに当たり、どれくらいが相場なのか、それは工事業者によって異なります。

着工前に頭金が必要となる業者もいれば工事完了後に全額一括支払いでという施工業者もいます。

リフォームの金額も工事業者によって大分違いますので複数の業者からあいみつを撮ったほうがいいです。

通常、頭金に必要な金額はだいたい工事費用の10%から20%が一般的なのですが、最初に勝手に見積もりを出し資材費を請求してくるような業者もいます。

リフォーム業者選びを失敗しないためには事前に契約内容をしっかり確認して、資材の総額などきちんと契約書に記載させることです。

借り入れたリフォームローンが余った場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は見積書などによって決定しますから余るケースは稀ですが過剰請求したのではないかと不安になりますね。

一方で、建設業界では追加で費用が発生することのないように事前に上乗せ融資を勧めるといった業者もいます。

また、金融機関でも追加融資が難しい場合には、予め上乗せ融資を勧めるといったことがあるようです。

融資を受けたのにリフォームをしなかったという事でもない限り、最終的に完済されれば問題はありませんし、そのまま放置していても構わないようですが気になってしまう人は繰り上げ返済をしておくとよいでしょう。

リフォームローンのシミュレーションというものは金融業者のHP上に設置されています。

検索サイトで「リフォーム シミュレーション」と検索すると複数の検索結果が表示されますので、上位のサイトへアクセスしましょう。

借入希望額や返済期間、ボーナス時の返済額などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されるためローンを組む前のシミュレーションに最適です。

個人情報の登録をせず試算することができますので安心して利用することができます。

返済額の計算は複雑ですのでリフォームローンを考えている方は積極的に利用しましょう。

オリコのリフォームローンをご存知ですか?オリコのリフォームローンは365日年中無休、仮受付してくれるWebリフォームローン仮受付が便利です。

銀行へ行かなくともパソコンから申請ができ最短2日で審査結果が郵送されてくるというスピード感。

オリコのリフォームローンは完済完了まで固定金利が適用されることになりますが、保証人、担保、保証料などが一切不要なのが特徴的です。

使途には改修工事やリフォームに限らずソーラーシステムの設置工事などにも利用できます。

申込時の注意点としてWeb仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要であり、販売店のコードもしくはIDを入力しなければなりませんのでご留意ください。

納得できるリフォームローンの選び方というのは金利だけを見てはいけないということです。

借入れ可能な期間や、上限金額も念頭に入れる必要がありますし、担保、保証人が必要かどうかも大きな要素となります。

また、団体信用生命保険の加入可否や事務手数料などの諸費用も比較することが大切です。

建材会社の中には自社商品を使ってリフォームすることで金利0%かつ無担保ローンというのを提供してくれる会社もあるのです。

リフォームローンはとかく種類が多いので探すのが大変と言う人はローン対応のリフォーム会社に相談するのもいいでしょう。

参考:住宅ローン苦しい?【金利や審査・借り換えのお悩みを私と解決】

関連ページ