住宅ローンの控除とは?

住宅ローン控除について知っておくと、ローンを組む時に便利です。現在大不況のあおりを受けて家が売れないので住宅の値段が下がったと言われています。購入を考えている人にはとても興味があることではないでしょうか。住宅ローン控除とは通称で、正しくは住宅借入金等特別控除です。全ての税金を納めた上で、居住して翌年の確定申告をすると、住宅ローン控除をすることが可能です。

住宅ローンの控除とは、実際にはどのように計算されるのでしょうか。控除の金額は、その年の末のローン残高に控除率をかけることで出ます。所得税と住民税を対象に行う住宅ローンの控除は、最も長い場合で今後10年間受けることができるものです。所得税から住宅ローンを控除しても、人によっては住宅ローン控除が余ってしまうことがあるため、住民税からも控除することでムダが出ないようにしてあります。

一定条件を満たしている場合、住宅ローン控除が使えます。いくつかの条件に達している人だけ住宅ローン控除が使えますが、その場合でも、住民税やと所得税の範囲内での控除となります。所得税や住民税がしっかり納められているか、住宅ローンの控除の手続きですべきことは何かなどを把握するのは一苦労ですが、今後10年の控除にはそれだけの価値があります。

contents

HOME

その他

最近のコメント

    カテゴリー

    pagetop

    Copyright(c)住宅ローン控除ダイアリー. All rights reserved.