住宅ローン、年収の8倍を目安に

住宅ローン年収シュミレーション

住宅ローンを、年収の8倍で組むとどうなるかシミュレーションしてしましょう。まず、35歳サラリーマンの平均的な年収450万円で計算してみます。450万円×8=3,600万円となり、2.0固定金利35年ローンとしたときの返済は、ボーナス月加算10万円として、月あたり10万円程度の支払いになります。これはギリギリのラインですね。ボーナスの行き先がいつも10万円分決まっているのですから、月々のやりくりをしっかりしないと、赤字になってしまいます。

固定資産税の支払いやメンテナンスにも費用

しかも、固定資産税の支払いやメンテナンスにも費用がかかってきます。年収700万円×8=5,600万借り入れなら、月あたり16万円の返済で年間212万円返済ということになります。これは収入の30%を返済に充てる形になりますが、488万円は生活費や貯蓄に回せるのです。

関連サイト

住宅ローン年収目安は?何倍まで借入可能?【審査通る収入割合】
住宅ローンは年収の何倍が適正なのでしょうか?あなたの年収から考えて適正な金額の住宅ローンを組むための様々な条件をシミュレーションし研究しています。年収と住宅ローンの関係を知りたい方必見です。
xn--o9j1osa9a3643apwf4qo1vf.com/

contents

HOME

その他

最近のコメント

    カテゴリー

    pagetop

    Copyright(c)住宅ローン控除ダイアリー. All rights reserved.